So-net無料ブログ作成
検索選択

太陽活動が低下すると地球が寒冷化する理由 [雑談]

最近、太陽の黒点がすくないらしい。これは、太陽活動が低下していることを意味しています。
太陽活動が低くなると地球が寒冷化するといわれていますが、太陽活動が低くなっても地球にふりそそぐ太陽光線の量は変わらないそうです。つまり、太陽活動の低下しても太陽エネルギーは変わらないので地球は寒冷化しないはずです。しかし、過去の事例から太陽活動が低下するこ地球寒冷化することが確認されています。

それでは、なぜ、太陽活動が低くなると地球が寒冷化するのか?

太陽活動が低下すると黒点が少なくなります。これは太陽からの磁力線の量が少なくなっていることを意味し、太陽の磁力の力が弱まっていると言えます。太陽の磁力の影響(地場)は太陽系全体に及んでいてこの地場が太陽系外部から飛んでくる宇宙線を遮っていると言われています。太陽活動が低下することにより、太陽地場の力が弱まり、宇宙線を遮る力が弱まり、多くの宇宙線が太陽系に降り注ぐことになります。

前のブログに書いた通り、宇宙線が通った後には雲ができることが分かってきています。降り注ぐ、宇宙線が多くなると、できる雲も多くなります。より、多くの雲が地球上にできるため、太陽の光が遮られます。これによって、地球が寒冷化するのではないかと言う説が出てきているそうです。

うーん、思いのほか、全宇宙的な話になってしまうものだと感心するとともに、寒冷化の原因は「雲が日陰を作るせい」という、すげー、初歩的な話になってしまうのが、なんともアンバランスな話です。
まー、火山が爆発して、噴煙を巻き上げると寒冷化するのも同じなので日陰はあなどれません。

温室効果で地球温暖化と太陽活動低下による寒冷化。どっちがどうなるんだろう。。

といことを書くために科学話題を続けてみました。出典はNHKサイエンスゼロです。サイエンスゼロは意外とあなどれないww.
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 4

そーすけ

このシリーズの3つの話。なるほどなーと思いました。
磁力線でできる雲の話しは面白いですね。
それで太陽光線が遮られてしまうとはね。どのくらいの磁力線で雲ができるんだろう。
高圧線の上空とかできやすいのかな?
地殻の割れ目にそって雲ができやすい=地震雲とは納得しやすいですね。
by そーすけ (2012-02-01 20:49) 

なかば

いや、映像もなく、すいません。文章短く書こうとしたんだけど、なかなか、短くならなくて。。
高圧線はシールドされているのであんまり影響ないのかもしれませんね。

by なかば (2012-02-03 02:20) 

そーすけ

この話とは関係ないかもしれないけど、でもね高圧線の下に住む方々に白血病が多いのは統計上事実なんです。
昔テレビでみて唖然としたもんなー。
by そーすけ (2012-02-03 22:10) 

なかば

あー、高圧線の下の話って、聞いたことあるわ。
by なかば (2012-02-06 02:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。